カプセルコーヒーの中身

使ったことがないと、カプセルコーヒーの中にいったい何が入っているのかわからないにちがいありません。濃縮されたコーヒーの元が入っているのか、それともコーヒーの粉のようなものが入っているのだろうかと不思議に思うかもしれません。

実はカプセルコーヒーの中はコーヒー豆を挽いた粉が入っています。



ではなぜわざわざ一個ずつがカプセルになっているのでしょうか。

コーヒーの美味しさを左右するのは豆の新鮮さです。



豆が新しければ新しいほど良いとされています。

安心、信頼の産経ニュースの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

また焙煎してからの時間も短いほど新鮮です。

加工したとたん非常に早く劣化が始まるともいえます。
もちろん時間がたっている粉であっても、コーヒーを入れることができますが、香りがかなり失われています。ですからコーヒー豆を挽いた粉を一個ずつ個別に包装することで、新鮮さを保つことができ、結果として最高の一杯を味わうことができます。


またカプセルコーヒーはおいしい一杯がいただけるだけでなく、簡単であることも魅力です。

とくに一人分だけコーヒーを飲みたいというときに、お湯を沸かしてコーヒーの粉をセットして入れるのは時間がかかります。

もちろんその時間も含めてコーヒーの魅力であることはだれもが認めることです。

時間をかけて、コーヒーが抽出されるにつれて部屋に広がるコーヒーの香りは、リラックス効果にもなります。

しかし必ずしも毎回そうした優雅な時間が見いだされるともかぎりません。

ですからカプセルコーヒーは手軽においしい淹れたてコーヒーを楽しむことができます。